家事の中で、一番心がけていることが支出を減らすことです。

家事の中で、一番心がけていることが支出を減らすことです。

あまり人がやってない家事、家計簿の支出計算。

一年計画という言葉が私の家事の支出には出てきます。それは何かというと光熱費を一年トータルで考えてしまいます。それはもちろんそう簡単に計画的にはいかないことでしょう?でももし今住んでいるところが長ければまず家計簿を付けている人は一年間でどれだけ光熱費を使っているか見てみて欲しいのです。私はそれをガス、水道、電気と全部合計した物を12で割って毎月その金額に固定してみました。

光熱費という項目を作って例えばそこに一万円貯めておきます。その月にその平均より多ければそこから使い、少なければ光熱費貯蓄に貯めておきます。計算はあくまでもその年の年末になるまで月のガスや電気代の支出は同じにしておきます。もし年末に赤字が出たら来年度の反省材料にします。また+が生じたら月の平均額を見直すかそのまま貯金に回します。一見めんどくさいかもしれませんが、実はもう前もってその平均はかかるんだと思うとおのずと食費も決まり、計画的にお金を使うことができるのです。もちろんプールと言って、何か起きた時にそこから出すというお金も用意しておいた方がいいです。そういうわけで私は銀行の残高を見て家計の支出を見ません。銀行残高で見ると無計画に使ってしまうからです。あくまでもすべて家計簿でお金の流れを作っています。毎年見直ししますが、ここまで使っていいんだとかこれ以上はダメというのがわかってかなりやりやすくなりました。またお金がないときに思い切って代替わりで使うものというのやなくてもいいやという割り切りもできるようになりました。必要な時に必要な分しか買わないのでいいですよ。